お子さんの歯科健診

「子どもの歯がむし歯でも、

はえ代わるから大丈夫!」

と思っていませんか?

子どもの歯はむし歯の進行が非常に早く、放っておくと大人の歯の形や歯並びに影響がでることがあります。早期発見し、必要な場合はすぐ処置を行えるよう、定期的な歯科検診で病気のチェック、予防をすることが大切です。

 「集団健診で問題ない」

と言われても

学校健診などでは十分な機材や光がありませんし、お子さんお1人にかける時間もとても短いため、診療室での診察に比べると歯科医師が発揮できる力は半分にも満たない状態です。大きい穴などがあれば発見できますが、細かいむし歯に関しては見落としてしまうこともあります。子どもの歯は進行が非常に早いため、気づかないまま放置してしまうと、治療の回数が増えてしまい、お子さんのご負担が増えることも考えられます。

 

 「子どもがちゃんと

歯みがきをしてくれなくて・・・」

お子さんのむし歯は、歯磨き不足ももちろんありますが、不規則な食生活なども原因として多くあります。歯医者に通うことでむし歯の早期発見はもちろんのこと、子どものむし歯予防の正しい知識や仕上げ磨きの方法、むし歯になりにくいおやつの食べ方などをスタッフよりお話しいたします。

また幼少期の習慣は大人になってからも大いに影響を受けます。小さな頃から歯医者に通院し、慣れておくと、大人になってからも健診で健康な状態を維持できますし、治療となっても大きな恐怖心を感じずに治療できることが予想されます。

 

フッ素やシーラントをご存知ですか?

子どもの歯や生えたての大人の歯はむし歯になりやすいです。むし歯予防に効果があるフッ素を塗って歯を強くしたり、溝が深くて汚れがたまりやすい奥歯の溝埋め(シーラント)をしたりすることで、むし歯になりにくい環境を作りましょう。

 

なんだか歯並びが悪い気がする・・・

お子さんの骨格や歯の生え変わりをみて、必要があれば歯科矯正治療をご提案いたします。また指しゃぶりや爪噛みなどのクセが歯並びに影響することがあるので、歯科医院で確認してもらうことで悪化を防ぐことができるかもしれません。

広告